緊急被ばく医療マニュアル

TOP > 研究・教育情報 > 緊急被ばく医療マニュアル

院内マニュアル

患者搬送の通報

  • いつ、どこで、何が起こったのか?
  • 患者の数、状態、症状
  • 被ばくの有無、汚染の有無、問題の部位、程度
  • 脱衣の有無→可能な限りの脱衣を指示(救命処置を遅らせない範囲で)
  • 核種は?推定被ばく線量は?(不明な場合も、判明次第連絡を入れてもらうよう依頼する)
  • 放射線管理要員の同行は?→随行を依頼する。必要な機材(RIシートなど)も依頼。
  • 搬送方法、受け入れ場所、来院予定時間の確認
  • ☆初期被ばく医療機関からの搬送の場合
    • 情報をさらにFAXで送信してもらい確実にする
    • 患者の状態、初期被ばく医療機関で行った処置などの医療情報の提供依頼

患者到着までの準備

緊急招集連絡先(緊急被ばく医療チーム)

(①の担当者不在時は②または③へ連絡)

患者到着までの連絡系統図

  • 処置室の確保・準備
  • 医療チームの服装準備(ポケット線量計の確認を忘れない)
  • チームリーダーの各メンバーの役割確認
  • 器具の点検
  • マスコミ対応者の確認(院長・事務)

患者到着後の対応

患者到着後の対応のフローチャート

問い合わせ先

救命救急センター TEL: 095-819-7243
国際ヒバクシャ医療センター TEL: 095-819-7594

詳しいマニュアル

より詳しいマニュアルを知りたい方は下記をご参照ください。

長崎県緊急被ばく医療マニュアル

PDFダウンロード (準備中)

ページの先頭に戻る